ファンケルえんきん 成分

購入前に役立つ!ファンケルえんきんの成分の働きとは?

ファンケルえんきん飲むタイミング

 

ファンケルのえんきんは、目の健康に特化した成分が凝縮されているソフトカプセルタイプのサプリメントです。

 

えんきんは、確かな力が確認された、目のサプリでは、日本初の機能性表示食品です。

 

薬だと負担と考えていらっしゃる方にはピッタリのサプリメントですね。

 

そんな「えんきん」ですが、一番気になるであろう、えんきんに含まれる成分の働きについてご紹介します。

 

ファンケルのえんきんの7つの成分と働き

 

えんきんは、シアニジン−3‐グルコシド、ルテイン、DHA、アスタキサンチン、ビタミン類をまとめて摂取できます。

 

 

これらの成分が目にどのように働いてくれるのか?


 

1、シアニジン−3−グルコシド(アントシアニン)

※目のくっきりをサポート

 

ファンケルえんきん成分

 

ブルーベリーや黒豆などに含まれてる青紫色の色素成分でポリフェノールの一種です。

 

シアニジン−3−グルコシドの働き

ものを見た時に目で光を感じて脳に伝える「ロドプシン」という物質の再合成を促進する働きを持っています。

 

普段からブルーライトや紫外線の悪影響でロドプシンの再合成がスムーズに行われないので、目が疲れやすくなったり、夜間に目がかすんだり、目がチカチカしたりする症状が挙げられます。

 

さらに、抗酸化作用もあるので、活性酸素のダメージを防ぎ、目の毛細血管を強くしなやかにして、疲労した目の筋肉の修復を助けます。

 

2、ルテイン

※ブルーライトや紫外線を守る

 

ファンケルえんきん成分

 

ルテインはホウレンソウやブロッコリ−などの緑黄色野菜に含まれるカロテノイドの一種で、強い抗酸化作用を持っています。

 

ルテインの働き

ルテインの抗酸化作用が、水晶体のタンパク質の変性を抑えることで、白内障のリスクを低下すると言われています。

 

ルテインは、目の黄斑部と水晶体に存在し、スマホ、テレビ、パソコンから発する有害なプルーライトを吸収したり、活性酸素と戦って目を守っています。

 

ただ、ルテインは体内で作ることができず、且つ、年齢とともに減少してくる成分ですので、積極的に取り入れたい成分です。

 

ルテインが慢性的に不足しますと、黄斑部に色素が存在しなくなって、ものが歪んで見えたり、視野の中心部が書けたりする、加齢黄斑変性のリスクが高まります。

 

ルテインをしっかり摂取することで、リスク軽減することが分かっています。

 

3、DHA

※ドライアイを大幅に軽減

 

ファンケルえんきん成分

 

青魚でも有名ですよね。不飽和脂肪酸の一種です。

 

DHAの働き

DHAは、目の網膜、視神経に多く含まれ、それらを保護しています。
細胞膜を構築する成分ですので、DHAが体内に十分あれば、細胞膜が柔らかく保たれるので、情報伝達もスムーズに行われます。

 

DHAを摂取しておくことで、視力の改善、機能維持に役立つと言われています。
さらに、日常的に摂取することで、ドライアイのリスクを大幅に軽減する事も分かっています。
DHAは体内で作ることができないので、積極的に摂取したい成分です。

 

4、アスタキサンチン

※ピント機能を助ける

 

ファンケルえんきん成分

 

鮭やイクラ、エビやカニの殻に多く含まれる赤い色素成分です。

 

アスタキサンチンの働き

アスタキサンチンは、活性酸素のダメージから細胞を守る働きがあります。
また、アスタキサンチンは、人の目や脳に入ることができる数少ない成分で、目の活性酸素の害から守ってくれます。

 

普段、私たちがものを見る際は、毛様体筋の働きによって、水晶体の厚みを調節してピントを合わせています。そのため、普段から目を酷使されている方は、毛様体筋に負荷がかかり、疲労が溜まりやすくなります。

 

アスタキサンチンはこうした目の筋肉疲労に働きかけるほか、網膜の血流改善、老眼による眼精疲労やピント調整力の改善に役立つと言われています。

 

5、ビタミンA

※目の機能を活性化

 

ファンケルえんきん成分

 

レバーやうなぎなどに含まれる脂溶性ビタミンの一種。

ビタミンAの働き

目の粘膜の保護、角膜や網膜の正常化、眼精疲労やドライアイの予防に役立ち、「目のビタミン」とも呼ばれています。

 

ものを見た時の刺激を脳に伝える「ロドプシン」の構成成分になるので、視覚情報伝達に欠かせないビタミンです。

 

6、ビタミンB群

※目のスタミナ補給

 

ファンケルえんきん成分

 

豚肉やレバーに多く含まれ、疲労回復でも知られている水溶性ビタミン。

 

ビタミンB群の働き

目の疲労回復にも役立ち、ビタミンB1、B6、が不足すると、目が疲れやすくなり、B12は視神経の働きを助けると言われています。
ビタミンB群はまとめて摂取する事で最大機能を発揮するので、どれが欠けてもいけません。食事であれば、バランスよい食生活が大切です。

 

 

7、ビタミンC

※充血や白内障予防に

 

ファンケルえんきん成分

 

ビタミンの中でももっとも有名なビタミンC。オレンジやブロッコリ−、イチゴ、などに豊富に含まれる水溶性ビタミンです。

 

ビタミンCの働き

ビタミンCは、充血を防ぐ効果があると言われています。さらに、水晶体の濁りを防ぐことで、白内障の予防にも役立ちます。ビタミンCは水溶性ビタミンで失われやすいデリケートな栄養素ですので、積極的に摂取するのが理想的です。

 

ファンケルえんきんの成分のまとめ

 

ファンケルえんきん成分

 

ファンケルのえんきんは、1日2粒摂取するだけで、7つの成分をまとめて摂取することができます。

 

普段の食生活で摂取するのが一番理想的ではありますが、目のピント機能や目の疲労改善を目的で摂取するとなると、食事だけではカバーしきれません。

 

ファンケルのえんきんは、初めての方であれば、お一人様1回限りではありますが、1,000円で2週間分+2週間と実感できる期間=合計4週間のえんきんを試すことができます。

 

ちょっと気になっている方は、ファンケルえんきんを4週間飲んだガチの感想を読んでみてください。

page top